FC2ブログ
30代夫婦の新婚旅行世界一周ブログです。バックパッカーではなくそれなりに程よくお金を使い、美味しいものを食べたい!絶景が見たい!仕事を辞めて世界に飛びだしました。旅行の予定は1年間。夫婦二人腹を割って向き合って旅します。

マチュピチュ:帰り

ああああああ~~
さっき書いた記事が消えた((((;゚Д゚))))
そういう時に限って下書き保存してなかった。凹む~。

マチュピチュにドン被りのリャマさんで癒されましょ。
マチュピチュDSC_1004


▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙

ワイナピチュ登山を終えたその日、マチュピチュからマチュピチュ村まで歩いて帰ることにしました。
行きはバスで登ってきたけど帰りは下りだけだから大丈夫だと思う!!

下山口には日本語で書かれた平和への願いが。
マチュピチュの保存・修復には日本の研究者も協力しているそうです。

マチュピチュIMG_8885

石の階段が整備されているので歩きやすい道ですが
ワイナピチュ登山をしてきた私たち…
もう膝が限界 笑  足もプルプルしちゃいました(;^ω^)
1時間くらい掛けてマチュピチュ村に到着した時には辺りは薄暗くなってしまっていました。
若者なら40分くらいで帰れるはず!!
普段の運動不足がこういう時に顕著になります。

マチュピチュ村について夕御飯☆アルパカ肉!!!!
案外柔らかくてさっぱりしていて美味しかったです(*´∀`*)

マチュピチュIMG_8892


帰りもスタンド・バイ・ミーしたよ


疲れきった私たちはマチュピチュ村で1泊。
翌日にクスコまで帰ります。
帰りも行きと同じ「スタンド・バイ・ミー」コースで帰ることにしました。

後から話を聞くと 帰りは疲れちゃったから電車にしたよ! って友達もいました。
私も電車乗りたかったな~~気持ちいいんだろうな。

マチュピチュIMG_8898

帰りのスタンド・バイ・ミーは行きよりも楽チンに感じました。
少し下り坂になってるのかな?
時間も2時間半くらいで10km歩くことができました。

途中もお店でランチ☆

マチュピチュIMG_8899

マチュピチュIMG_8900

これに飲み物がついたセットで360円くらいだったかな?
ペルーのご飯はおいしいです☆

腹ごしらえをして「水力発電所」に向かいます。
水力発電所では各バスのドライバーさんが乗客の名前を呼んでいて、呼ばれたらそのバスに乗る仕組み。
自分の名前が呼ばれるかよ~く聞いていましょう。

そして水力発電所からクスコまで7時間。
この帰りの7時間が辛かった!!!
疲れていたからか車酔いをしてしまいました。
酔い止めを飲んでいたんだけど効かず…運転席横の席を譲ってもらって吐き気に耐えながらの7時間となりました。
クスコについたのは夜の10時。
こうして長い長いマチュピチュへの旅が終わったのでした。


このマチュピチュ、もう一度登ってもいいと思えるくらい素晴らしかった!
年取ったらまた行きたいなぁ。。
また山を登れるように健康体でいなくてはいけませんね!!笑

※クスコでお友達になった健人さん!水曜どうでしょう好きの旅人に初めて出会った!
 うれしいい~~~~~!!!!写真は「はい、キュ~!」の顔 笑

マチュピチュDSC_0986


読んで頂きありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ポチッと押して頂き、画面が変わるとポイントが反映されます☆
自己満足なブログですが応援して頂けるとうれしいヾ(*´∀`*)ノ
スポンサーサイト



登ってみた☆ワイナピチュ!

こんにちは☆
イカ砂漠で砂にまみれてから咳が止まらないユウです。
なんなんでしょう。チリで薬買ってみたけど効いてるのかなぁ…


▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙

さて、マチュピチュを眺め感動した私たちはその足でワイナピチュへ登ります!
ワイナピチュに登れるのは 400人/1日 と決まっていて、事前に予約が必要です。
登山口はマチュピチュ遺跡の中にあり、毎日7~8時受付 or 10~11時受付 の2部にわかれて入場します。

入場口ではパスポートとチケットの提示が必要☆
名前を書いていざ入山です!

マチュピチュIMG_8831

(たぶんこの時に私は大事な紙を失くしてしまったと思われる…その話はまた後日)

ワイナピチュ登山は標高2700mの山の頂上まで登ることができる登山コースです。

マチュピチュDSC_1013

マチュピチュDSC_1007

マチュピチュ遺跡の後ろにあって人の顔に見えると有名な山です。
この鼻の上まで登るんだもん…下から見上げると気が滅入るくらい大変そう…ε=(・д・`*)
無事に登りきれるかなぁ。。

マチュピチュIMG_8846

山に入ってみると、登山道が整備されていて案外歩きやすいコースでした。
石の階段を登って行くのですが、これもかつてのインカ人が作ったもの。
すごいです。こんな急な山にコツコツと積み上げられた石の階段。
どれだけの労力と時間が掛かったんだろう…

マチュピチュIMG_8832

標高が高いから少し登ってはハァハァ息切れしちゃう。
休みながら登っていきます。
途中でご年配の日本人のご夫婦に会いましたが、奥様の方はもうちょっと限界が。。
1/3ほど登ったところで引き返して行きました。
高地での登山だったからか、顔色が悪く息も上がってしまっていました。
でもおじいちゃんの方は1人で頂上まで登ってた!すごい!
私たち途中で抜かれたもん 笑

ワイナピチュを登り始めること1時間半くらい。
やっと頂上付近です!!!

頂上までの最後の道は細い急勾配の階段を登り、
こんな狭い岩の間を通ります。
高所恐怖症の人や閉所恐怖症の人はヤバそう…

マチュピチュIMG_8841

これ太ってる人は通れなそう。リュックも引っ掛ちゃってたもん。

そしてワイナピチュから見たマチュピチュがこちら!

マチュピチュIMG_8837

マチュピチュ遺跡がミニチュアみたいに見える!笑
周りの山もバッチリ見えました!!!
1時間半~2時間くらい掛かったワイナピチュ登山。
ちょっと大変だったけど登って良かった!!気持ちよかった♪

頂上に到着して景色を見ているとパラパラと雨が降ってきてしまいました。
警備員さんに降りるように促され慌ただしく下山開始(´・ω・`)


下山していると、おそらく頂上までたどり着けなかったのであろう太っちょの女性が警備員さんにずーーーーーっと文句言いながら下山して行きました 笑
あともうちょっとで頂上だったんだもんね。頑張ったのにあの景色が見れなくて可哀想だったかも(´;ω;`)

ワイナピチュは標高2700mの山ですが、緑豊かな山で気持ちよく登山する事ができました。
少し雨に降られたものの、お天気も良くてよかった♪

帰りは1時間も掛からずに下山する事ができました( ´ ▽ ` )ノ

事前予約が必要だし、ちょっと面倒なワイナピチュ登山だけど面白かったからマチュピチュ行く人には是非登って欲しいですヽ(●´ε`●)ノ


マチュピチュIMG_8848

1時間半登り続けのワイナピチュ、お疲れさまでした!!!!


読んで頂きありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ポチッと押して頂き、画面が変わるとポイントが反映されます☆
自己満足なブログですが応援して頂けるとうれしいヾ(*´∀`*)ノ

ついにマチュピチュへ。これは見るべき絶景である。

( ノ゚Д゚)こんにちは
現在はペルー リマ空港です。
これからチリのサンチアゴに飛びます!!


▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙

マチュピチュ村で1泊した夜。なんと大雨が降っていました。
雷まで鳴り響いて「あ~これはもう明日のマチュピチュは雨かもなぁ…」なんて弱気になっていました。
天気予報も1週間ず~っと雨の予報。
それでも「もしかしたら晴れるかも。一瞬でいいから晴れて欲しい!」と少しの希望を持ってカーテンを開けた翌朝。

どんより曇空。


(´;ω;`)
(´;ω;`)





空中都市は本当にあった。マチュピチュへ!


マチュピチュ村からマチュピチュまではバスを使いました。

※片道 $12 所要時間30分くらい

マチュピチュ村からマチュピチュまでは歩いて行く事もできるようです。
宿でお友達になった5人組は歩いて行ったそう!
全て上り道、2時間掛かったらしい…すごい体力だよ~~~。私には無理だ 笑

マチュピチュの入り口までバスが到着します。
ここで事前に取っておいたマチュピチュ入場券とパスポートを提示していざ入場!!!


わくわく((o(´∀`)o))

入ってすぐ向かったのは「見張り小屋」と呼ばれるビューポイント。
ここから見るマチュピチュが一番綺麗らしいからね!

マチュピチュDSC_0965

見張り小屋についた時はこんなにあった雲も……


晴れたっ!!!!


マチュピチュDSC_0976


写真で見たまんまのマチュピチュ!
いやいや!写真よりすごい!!!!

マチュピチュDSC_0984


すごいすごい!雲が晴れて行くと現れるマチュピチュ遺跡は本当に「空中都市」。
なんでこんな場所にこんな景色が?!不思議だよねぇ~…

マチュピチュDSC_0996


この場所で2時間くらい居たんじゃないかな?!(;^ω^)
写真撮ったり感嘆したり…クスコの宿でお友達になった日本人いっぱいではしゃいでいました 笑

みんなで撮った写真たち!!!


マチュピチュIMG_8894

マチュピチュIMG_8934

マチュピチュIMG_8794


みんなの晴れパワーすごいよ!
雨どころか暑いくらいだったもん 笑
はしゃぎすぎてジャンプして怒られたり、逆立ちして怒られたり…。
マチュピチュの警備員さんはちゃんと厳しいですよ。
遺跡が壊れてしまうといけないのでジャンプは禁止だからね!!!!


あ~でも本当にすごかった!!本当の絶景というのは写真では伝わらないほど凄いんだな、と実感してしまう。
日本で待っててくれる家族や友達にもいつか見て貰いたいと思う。

マチュピチュIMG_8812

マチュピチュはインカ時代の遺跡。その面積は5km2もあるんだけど、山の麓からはほとんど見る事が出来ないの。
だから「空中都市」って呼ばれているんだって。
なんでこの空中都市を作ったかはいまだにはっきりとした理由はわかっていないみたい。
スペイン人から逃れる為、復讐の作戦を練るため…とも言われていたけど、王様の避暑地だったなんて説も出てきているんだって。

こんな高い場所に石造りの遺跡。作られた理由は何なんだろう……ほんとに不思議だ~!

そして私がびっくりしたのはもう一つ。
この段々畑!すごくない?!



マチュピチュDSC_1021

マチュピチュDSC_1019

こんなに整然としてるとは思わなかった。
もっとクネクネ曲がってたり適当に作った感じかと思ったらこの直線。
インカ人は几帳面だったのね。

マチュピチュの約半分は段々畑になっていて、トウモロコシなどの作物を作っていたんだって。

遺跡の中も歩くことができるし、石に触れることもできます。
日時計や石切場、王の寝室などなど…。
この天空都市がかつて機能していた面影を感じることができます。

マチュピチュIMG_8863

この石がマチュピチュ遺跡の中で一番正確にカットされた石。
ぴったり!!!!(°д°)
こんな直線どうやって作ったのよ…。インカ人恐るべし!笑

マチュピチュDSC_1023

マチュピチュ遺跡の中を歩くのは2~3時間もあれば十分。
今回私たちはマチュピチュ遺跡の後ろにある

ワイナピチュ   という山に登ります!!!

ワイナピチュは人の顔に見える大きな山なんだけど、その山の鼻のテッペンまで登るのがワイナピチュ登山。
※↓の写真参照。
マチュピチュDSC_1013

しゃくれ気味のワイナピチュおじさんを見事にわかりやすく表現してくれてます! 笑
こうすけさん&健人さんありがとう!笑

読んで頂きありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ポチッと押して頂き、画面が変わるとポイントが反映されます☆
自己満足なブログですが応援して頂けるとうれしいヾ(*´∀`*)ノ

いよいよマチュピチュへ!スタンド・バイ・ミーしたよ♪

こんにちは!現在はペルー アレキパ!
「サンドラの家」という宿で美味しいご飯とまったりな時間を過ごしています。
今夜の夜行バスでイカに向かう予定☆11時間だって~。。



<マチュピチュまでの道のり①:クスコから水力発電所>

クスコを8時頃出発してコレクティーボという乗合バスに乗ります。
バスっていうかバンみたいな感じ。

そしてこのバスが結構きつい。

山道くねくね 7時間!!!!笑
酔いやすい人は酔い止め必須です。
途中お昼休憩がありますが、私たちはランチの金額が含まれていなかったので
自分で用意したパンやバナナでお昼を済ませました。

8時にクスコを出たのに目的地の 水力発電所 に到着したのは
15時半でした…
ここから3時間歩かなきゃいけないので暗くなっちゃわないかすごく不安…。

1日目はマチュピチュの麓にある マチュピチュ村まで行き、そこで1泊します。


<マチュピチュまでの道のり②:水力発電所からマチュピチュ村まで>

「スタンド・バイ・ミー コース」

水力発電所 から マチュピチュ村 まで歩く 10Kmの道のりの通称です。
バックパッカーはほとんどこのスタンド・バイ・ミーを歩くんじゃないかな?
線路沿いを歩くからスタンド・バイ・ミーって呼ばれているようです(*´∀`*)

出発だぁ~!!!
マチュピチュDSC_0895

いきなりちょっとキツい…笑
マチュピチュDSC_0900

でも大変だったのは最初のココだけで、あとはひたすら線路沿いを歩く平坦な道でした。
ゴーキ君とはるちゃんと4人で歩いたよ♪

マチュピチュDSC_0923

途中の橋。この橋以外は特にイベントもなくただひたすら歩く 笑
マチュピチュDSC_0910

マチュピチュDSC_0936

マチュピチュDSC_0935

途中列車に追い抜かれたり…(´;ω;`)
乗りたい、乗りたいよ、列車…(´;ω;`)
乗せて~~~~!!!!笑

マチュピチュIMG_8785

あ、この辺りで大学4年生 にゃんちゅう君(笑うとにゃんちゅうに似てるw) と合流!
4月に就職を控えたにゃんちゅう君もとってもいい子でした(*´∀`*)
でもごめん 笑  正面から撮ってる写真が1枚も無かったよ…

ひたすら歩くこと3時間。
飽きてきた頃にやっとマチュピチュ村に到着!
ついた時には真っ暗になってました。

マチュピチュDSC_0944

マチュピチュ村は地元の群馬の温泉街のような雰囲気で懐かしい感じ。
このマチュピチュ村、日本人の野口さんて方が作ったらしいですね。
世界ふしぎ発見でやってた!笑
すごいな~日本人。

翌日のマチュピチュまでのバスのチケットを買ってからみんなでご飯♪この日はビールを飲みました。
クスコの街では高山病予防の為にずっと禁酒してたからね。
クスコビール美味しかった~!!!!

マチュピチュIMG_8792

明日はいよいよマチュピチュへ!!!!

読んで頂きありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ポチッと押して頂き、画面が変わるとポイントが反映されます☆
自己満足なブログですが応援して頂けるとうれしいヾ(*´∀`*)ノ

天空都市 マチュピチュへの準備

ペルー・クスコと言えばあのマチュピチュへの起点となる街です。
もちろん私たちもマチュピチュに行く為にクスコに滞在していたわけです☆

ちなみにマチュピチュの標高は2430mなのでクスコよりも低いです。
私はなんとな~くのイメージでマチュピチュってすごく高い位置にあるとずっと思っていました(;^ω^)
クスコで高山病になってしまった人もマチュピチュに行って標高が下がるので
元気になるなんて話も聞いたことがあります☆
でもやっぱり高度順応してからマチュピチュに行ったほうが楽な気がします。

マチュピチュに行くには入場券が必要!


マチュピチュはただ行けば入れるってわけではありません。
事前にチケットを買っておかないといけません。

学生さんはクスコまで行って文化庁で買うのが一番安くなるようです。
ネットでの購入もできますが学生割引が使えないらしい。

私たちはマチュピチュの後ろにある「ワイナピチュ」という山にも登りたかったので事前にネットで予約しました。
ワイナピチュに登れるのは1日400人と決まっているので早めに予約をしないと売り切れてしまう可能性が大なのです。

購入サイトはこちら  www.machupicchu.gob.pe/

金額は マチュピチュ+ワイナピチュ 152ソル(1人)です。
なかなか高い!笑
クスコはマチュピチュ観光で潤っている街ですね。


クスコからマチュピチュへの行き方


クスコからマチュピチュへの行き方はいくつかあります。
街には観光案内所がいくつもあるので飛び込みで行けば色々教えてくれます。
日本語はあまり喋れない所が多いけど、英語で説明してくれるのでわかると思います。

私たちはツアー会社に出向きなるべくお金が掛からない行き方を選びました☆

ツアー合計 $115 (2人で)

<内容>
・クスコ⇒水力発電所(Hidro Electrica イドロ・エレクトリカ)までバス
※乗り合いバス

・水力発電所(Hidro Electricaイドロ・エレクトリカ)からマチュピチュ村まで徒歩
※3時間 10Km「スタンド・バイ・ミーコース」と呼ばれます

・マチュピチュ村で宿泊 (2泊)
※マチュピチュ村での宿は自分で見つけた方が安いです。

・マチュピチュ村⇒マチュピチュ バス (別途$12/1人)


マチュピチュまでの行き方は色々な人がブログで書いているのでなんとなくわかっていたのですが
クスコに到着するまでどんな行き方で行くかは決めてませんでした。
クスコの街にはマチュピチュに行く日本人が多いし、ツアー会社もたくさんあるので
とりあえずクスコまで行って色々聞いて決めれば問題ないと思います!
天候や自身の体調によって電車で行くか歩いて行くか…とか考えたほうがいいと思うしね。

でも思ったのは

「マチュピチュ観光には案外お金が掛かる!」

ってこと。
実は列車にも乗りたかったんだけど高いからやめました(;^ω^)

次回は頑張って歩いた「スタンド・バイ・ミー コース」についてです☆


読んで頂きありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ポチッと押して頂き、画面が変わるとポイントが反映されます☆
自己満足なブログですが応援して頂けるとうれしいヾ(*´∀`*)ノ

プロフィール

陽 & ゆう

Author:陽 & ゆう
2014.12 入籍
2015.09 世界へ出発
30代夫婦の新婚旅行世界一周ブログ
バックパッカーではなくそれなりに程よくお金を使い、美味しいものを食べたい!絶景が見たい!旅の予定は1年。365日夫婦だけで腹を割って向き合いながら旅します。

Instagram

最新記事