FC2ブログ
30代夫婦の新婚旅行世界一周ブログです。バックパッカーではなくそれなりに程よくお金を使い、美味しいものを食べたい!絶景が見たい!仕事を辞めて世界に飛びだしました。旅行の予定は1年間。夫婦二人腹を割って向き合って旅します。

バッドランド【アトラス炭鉱】

バッドランド最後の見所は

アトラス炭鉱

です( ^ω^ )

他にもたくさん見どころはあるし、ガイドブックによるとちょっと離れたところには恐竜博物館もあるようなのですが…
その「ちょっと」が軽く150km。

遠いよ…

ってことでアトラス炭鉱を観光してカルガリーに戻ることにしました☆

ここアトラス炭鉱はかつて栄えた炭鉱跡地です。
当時の施設を残し、炭鉱マンが使っていた道具なども見学することができます。

アトラス炭鉱DSC_0240

アトラス炭鉱DSC_0245

入場料 C$10.50 (1人)を支払うと、施設の見学のほかにトロッコに乗ってガイドさんの説明を聞くことできます!
これがそのトロッコ☆
アトラス炭鉱DSC_0282

楽しみです♪

その前にまずは施設の見学をしてみましょう(^-^)/

アトラス炭鉱DSC_0248

こちらはランプハウス
アトラス炭鉱DSC_0250

炭鉱マンたちがかぶっていたヘルメットに付けるランプ。
四角いのは充電器かな?
アトラス炭鉱DSC_0252

アトラス炭鉱DSC_0251

ホコリを被った機材がそのままに展示されています。


そしてこちらがウォッシュルーム 
アトラス炭鉱DSC_0257

天井からは服が吊り下がっています。演出なんだろうけどなんかコワイ…(^_^;)

シャワールーム
DSC_0260.jpg


アトラス炭鉱DSC_0261

毎日毎日炭鉱で働き、ここ汚れを落とし、洗濯までしてたんだと思うと
当時の過酷さが伝わってくるようです。

ここで働く人たちのお陰で当時のカナダに暖かさと灯りが届けられていたんですね。

炭鉱マンかっこいい!!!!( ̄^ ̄)ゞ
アトラス炭鉱DSC_0258


そんなこんなで見学をしているうちにトロッコに乗り遅れてしまった私たち(;´Д`)あちゃー
次のトロッコに乗せて貰いました!

さあ、出発!!
アトラス炭鉱DSC_0274

このトロッコも当時石炭を運んでいたもの。
ガタンガタン打ち付けられてお尻が痛かった…

ガイドさんが説明をしながら進んで行きます。
同乗者は地元のおじいちゃん2人と観光で来たであろう4人家族。
みんなでガイドさんの話に耳を傾けます。

方向転換は人力で行います。
アトラス炭鉱DSC_0275

どうやら同乗のおじいちゃんが昔炭鉱マンだったようで昔話に花が咲いていました。
そしてそのまま15分立ち話…

長いよー!!!!

子供と私たちは飽きていました(^_^;)

とにかくカナダの人たちはおしゃべり好きだな、という印象を受けます。
ツアー中も質疑応答がすごい!笑
日本人もこれくらい積極的に楽しむ気持ちで参加出来ればいいなと思います。
…その前に英語力の問題ですが…(っω・`。)

炭鉱の街をトロッコで走る。

リアルビッグサンダーマウンテンヽ(≧∀≦)ノ!!!

楽しかったです♪

アトラス炭鉱DSC_0285

アトラス炭鉱を存分に楽しんだ私たち。
さて、お買い物をしてホテルに戻りましょう☆

アトラス炭鉱からカルガリーまでは約1時間半。

アトラス炭鉱DSC_0297

刻々と表情を変える空を楽しみながらのドライブとなりました(* ´ ▽ ` *)

アトラス炭鉱DSC_0303


アトラス炭鉱DSC_0312

あー楽しかった!!!ヾ(o´∀`o)ノ


ランキングに参加中です☆ポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





※リアルタイムでは現在イエローナイフに滞在中です。
しかし…雨。あいにくの天気で泣きそう(´;ω;`)

スポンサーサイト



 | ホーム | 

バッドランド【フードゥー】

ドラムヘラーからほど近い見どころ☆

フードゥー(Hoodoos)
ドラムヘラーから12km位しか離れていないのですぐ到着します。

このエリンギみたいな形の岩を見に来ました(*≧∪≦)

リサイズDSC_0191

ヘンな形~。これも川による侵食によってできた形だそうです。

リサイズDSC_0192

大きいのや小さいの。見れば見るほどエリンギだ…
この地方のインディアンの伝説によるとこのエリンギ柱は

石化した巨人だ! という言い伝えがあるんだって!!
(o゚□゚)o≪≪≪へーちょー、駆逐してー!!

フードゥーっていうのも巨人の名前らしい。面白いよね♪

このフードゥーたちの周りには階段が作られていて、中に入れないようになっています。
大きさは「巨人」というほど大きくなかったけど…昔はもっと大きなフードゥーがあったのかな?

こんなフードゥーたちを取り囲むのは大きな岩場となっています。

はい! 私がどこにいるかわかりますかー?!ヾ(・∀・)ノ

リサイズDSC_0204


DSC_0207.jpg

このエリアには立ち入る事ができるのでこんな写真撮って遊んでしまいました(/ω\*)
実は前の日に靴を買ったので嬉しくてどこまでも登って行きたい気分♪

リサイズDSC_0209

この土地、この景色 なんだかわくわくして大好きかも!

リサイズDSC_0219




◆リアルタイムでは明日の夜、カルガリーからイエローナイフに飛び立ちます!オーロラ見えるといいなぁ◆


ランキングに参加中です☆ポチっと応援宜しくお願いします(*・`ω´・)ゞ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


 | ホーム | 

バッドランド【ホースシュー谷・ドラムヘラー】

バッドランド…その名の通り荒涼とした荒れた土地です。
昨日までのカナディアンロッキーとは全く違う景色。
カルガリーの街から車で約1時間半ほど走るとこのバッドランドが広がります。

バッドランドは恐竜などの化石が発見され、いまでも発掘作業が進んでいるそうです。
うんうん。なんだか今にも恐竜が現れそうな雰囲気漂ってます!

たくさんの見所があるようですがまずバッドランドの入口
「ホースシュー谷」から★

リサイズDSC_0155

なんだか不思議な地形ですよね。
氷河に侵食されてこの地形ができたと言われています。
そして色々な条件が重なって恐竜の化石ができたんですね。
なんだかわくわくしてきます!

DSC_0160.jpg

今もこの地層の中に化石が眠っているんでしょうか?

DSC_0156.jpg

恐竜好き・化石好きの方にはたまらない土地かもしれません(*´ω`)


ホースシューを満喫した私たちは少し先の

「ドラムヘラー」という小さな街に行ってみました!

DSC_0180.jpg

welcome看板にも恐竜が!
この街、至る所に恐竜がいました…信号の下に恐竜…お店の駐車場に恐竜…

そして観光案内所にはこんな特別サイズのティラノサウルスさんが!!!

どど~ん!!

リサイズDSC_0183


でか!!足元のところに私が立っています。(ちなみに身長は158cm)
しかもこのティラノサウルスさん、中に登れるようになっていて
口の部分から街を見下ろせるそうですよ!!!
私たちは行きませんでしたけど…(^_^;)

こんな荒れた土地の中に現れた街ですがお店も充実していました☆
DSC_0184.jpg

お昼に寄ったマック。安定の味( ̄^ ̄)ゞ
マックのポテトは世界共通!!!

腹ごしらえも済ませ、もう少しバッドランドを探検してきます☆
バッドランド



ランキングに参加中です☆ポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



 | ホーム | 

プロフィール

陽 & ゆう

Author:陽 & ゆう
2014.12 入籍
2015.09 世界へ出発
30代夫婦の新婚旅行世界一周ブログ
バックパッカーではなくそれなりに程よくお金を使い、美味しいものを食べたい!絶景が見たい!旅の予定は1年。365日夫婦だけで腹を割って向き合いながら旅します。

Instagram

最新記事