FC2ブログ
30代夫婦の新婚旅行世界一周ブログです。バックパッカーではなくそれなりに程よくお金を使い、美味しいものを食べたい!絶景が見たい!仕事を辞めて世界に飛びだしました。旅行の予定は1年間。夫婦二人腹を割って向き合って旅します。

今日の宿は監獄に決まりました

オタワDSCF9229

大丈夫です!安心してください。捕まってません!

オタワにある監獄ホステル
旅行前にカナダ好きの友達に聞いて絶対に泊まってみたかった宿です。

HI-Ottawa Jail(ジャイルホステル)

1862年から1972年まで実際に刑務所として使われていた建物を改装して作られたホステルなんです。

外観はこんな感じ。
オタワDSCF9298

オタワDSCF9232

オタワDSCF9233

監獄というと周りに何もなくて人里離れた場所にありそう…
なんて勝手にイメージしてたけど街のド真ん中にありました(笑
世界遺産リドー運河にもあるいて5分で行けるし、その他の観光名所も徒歩圏内。
旅行者にはかなりいい立地です。

受付の様子。
人気ありますねー!バックパックを背負った旅人も多かったです。
オタワDSCF9326

この重たい扉を開けて入ります。
毎日11時に暗証番号がリセットされる仕組みなので忘れずに暗証番号を聞きましょう。
あ、あとシーツと枕カバー、バスタオルを渡されます。
オタワDSCF9328


扉を開けると……

オタワDSCF9352

オタワDSCF9351

暗い階段を登り部屋まで行ってみます。
私たちは417号室です。
オタワ監獄ホテル

えーと。扉が鉄格子です(;^ω^)
かろうじて目線の部分は鉄の板で目隠ししてあるけど、上下は開放されています。



プライバシー!!!!!笑



ないですよね。当たり前です。囚人ですから。

室内の様子。
お見苦しくて申し訳ない。写真撮る前に汚くしちゃった…

オタワDSCF9280

今回は「ツインルーム」に泊まったんですよ。そう、これがツインルーム。
2畳ほどの空間に押し込められました笑
恐らく壁をぶち抜いて作ったと思われる空間には二段ベットがみっしりぴったり収まっています。
シーツや枕カバーは各自で掛けて下さい。

残りの空間は1畳ほど。
もちろんトイレ、シャワーは共有です。
4階が女子シャワー。6階が男子シャワーとなっていました。

室内は快適とまではいきませんがきちんと温度管理されていて寒くはありませんでした。
ただ、周りの話し声や咳払いまで丸聞こえ!
朝はどこかで目覚ましが鳴り響いていました(;´д`)
廊下を歩く足音が聞こえると「看守だ!」とビクビクします笑
なんか本当に捕まった気分になるんですよねww
なかなかできない体験で面白かったです♪

監獄ホステルはとっても親切。朝ごはん付きです。
こちらが食堂。夜はバーになります。
オタワDSCF9350
ちなみに無料の朝ごはんは
・パン・ベーグル・果物・フレーク・ゆで卵・飲み物
自由に食べていいことになっています。

あと面白かったのは監獄ツアー!
毎朝11時から無料のツアーがあって、1時間くらい掛けて監獄内を案内してくれます。
この日も20人くらいの参加者がいました。
オタワDSCF9333

オタワDSCF9346

オタワDSCF9348

独房や当時のままの収監所、絞首刑が執行された場所など
ちょっとしたホラーツアーみたいになっています。
途中でお姉さんが1人帰ってしまったんですが怖かったんですかね…

オタワDSCF9337

オタワDSCF9345

普通ではなかなか体験出来ない監獄ホステル。
なんだか館内全てがアトラクションみたいで楽しむことができましたヽ(・∀・)ノ

長期滞在する気にはならないけどね…(;^ω^)

読んで頂きありがとうございます☆ポチっと応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト



そうだ!モントリオールはね…

今まで行った大きな街の中で一番英語が通じなかったよ!
駐車場のおじちゃんとかフランス語オンリーで説明してきたよ!
わけわかんなかったから逃げ出てきたよ!笑

バスのおじさんも全く英語喋ってくれなかったよ!
お陰でバス乗りそびれちゃったよ!

あとね、地下鉄もフランスっぽい雰囲気だったよ。
モントリオールDSCF9093

モントリオールDSCF9089


切符は回数券を購入。これは2回券だったかな?
モントリオールDSCF9090

この切符をSuicaみたいにピッとするの。
モントリオールDSCF9091
このイラストが無かったら理解不能だったけどね(;^ω^)

地下鉄を降りると地下街が広がってたよ。
冬はかなり寒くなるから地下街が発達するんだよね。
確かトロントもそうだったもん。
モントリオールDSCF9177

でも今くらいの時期はまだ日差しが暖かかったから助かったよ。
モントリオールDSCF9097

モントリオールDSCF9102



ここは旧市街の中心 カルティエ通り。
DSCF9072.jpg

みんなノリノリで踊ってた♪
あとは似顔絵屋さんが多かったのが印象的だったな。

モントリオールDSC_0462
ちょっと今の時期は人が少なかったけどね…(;^ω^)
ハロウィンになるとこの通りがすごい事になるらしい。お化けいっぱいになるんだって!
それも見てみたかったな~


ノートルダム・ド・ボンスクール教会…モントリオール 最古の教会
モントリオールDSC_0461

ボンスクール マーケット…中でお買い物ができます。
モントリオールDSC_0460


これで全部出し切ったと思う!
ありがとうございました(`・ω・´)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

もうモントリオールは今日で終わりにするー。

モントリオール最後の記事は 聖ジョゼフ礼拝堂(Oratoire St-Joseph) です。
もうなんか礼拝堂やら大聖堂やらしかないんだよね…正直(;^ω^)
あとは街並みがキレイとか港がある!とか。そんな感じの街です。モントリオール。


さてさて、この聖ジョセフ礼拝堂ですがなんと モントリオールの最高地点、263mに建っている礼拝堂なんです。
モン・ロワイヤル公園という大きな公園の近くの丘に建っています。
ここからはモントリオールの街が一望できると聞いて是非行ってみたかった場所!

モントリオールDSC_0431

外観もすごく立派(°д°)で、でかい…
カナダの守護聖人ジョセフに捧げるために1942年から18年の年月をかけて建設されたルネッサンス様式のカトリック礼拝堂です。

もともとは奇跡の人”アンドレ修道士が作った小さな礼拝所だったのですが、
彼の死後、こんなにも大きな礼拝堂が建設され毎年世界中から200万人以上の参拝者が訪れる
国際的な巡礼地となっているそうです。
なぜアンドレさんが「奇跡の人」と呼ばれているかというと、信仰の力で多くの人の病気やケガを治したから。
松葉杖がたくさん奉納されていました。

モントリオールDSC_0423

今でも多くの方がろうそくに願いを託しています。
モントリオールDSC_0419


そしてこれがアンドレさんのお墓
モントリオールDSC_0425

これがアンドレさん
モントリオールDSC_0404

施設内は観光客向けに整備されていて、見学順に番号が振ってあります。
お土産屋さんもありますし、礼拝堂を出たすぐ隣には軽食を食べられるレストランも併設しています。
入場料はありませんが、駐車場を利用する場合寄付金が必要です。
私たちはC$5支払いました。

駐車場から長い階段を登ると展望台にたどり着きます。

やっほー!快晴ばんざい!モントリオーーーール!!!
モントリオールDSC_0415

なぜか人間というのは高い所に登るとテンションがあがる生き物ですね!!(;´∀`)

駐車場から頑張って階段で上がって来てしまったのですが、本来の入口は駐車場近くにあったみたい…
しかも内部にはエスカレーターもあって随分楽ちんに登れたようです(´Д`)
モントリオールDSC_0416

悔しいから下りはエスカレーターを使いました。笑

大聖堂の様子です。
モントリオールDSCF9178

外観の“ドドーン!どうだぁ!”感とは違い、シンプルで洗礼された印象を受けます。

陽氏曰く『このキリスト、サードインパクトみたい!』(byエヴァンゲリオン)だそうです 笑
モントリオールDSC_0381

お決まりのパイプオルガンと神の子羊。
モントリオールDSC_0382

DSC_0389.jpg

ここのステンドグラスは可愛かったです。
なんか蛭子さんの漫画みたいな顔が多かった…笑
モントリオールDSC_0384

差し込む光がとってもきれい。
モントリオールDSC_0413

カトリックではないけれど、どんな街の聖堂も心が安らかになる空間です。
近所にあったらいいのに…大聖堂。笑

今日もお疲れ様でした!ワンクリック宜しくお願いします((☆´∇)从(∇`★))
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



◆明日はカナダの首都オタワについて書きまーす◆

女の子っぽいと思った

世界の女王マリア大聖堂

日本語にするとなんだか仰々しい名前ですよね(;^ω^)
「Cathedral of Our Lady of Montreal」

なんとこの大聖堂、バチカンの聖ピエトロ寺院の4分の1サイズのレプリカだそうです。
本物を見たことないけど…

DSCF9200.jpg

周りにも大きい建物がたくさんあるのであまり大きく見えないけど
大きかったんだよ!
これで1/4って本物のピエトロ寺院はどんだけ大きいんだろう。

DSC_0436.jpg

聖堂の中は今まで見た中で一番「女子っぽい」!
色使いかな?優しい感じがした。
DSC_0437.jpg

DSC_0439.jpg


天井のステンドグラスから明るい光が差し込む。
DSC_0438.jpg
なんだかお菓子みたいで美味しそう…(*´∀`*)

モントリオールDSCF9191


そしてここにも立派なパイプオルガン!
DSC_0440.jpg


四角い作りの外観とは違って、内部は曲線を使った柔らかい印象だった。
その優しい雰囲気と淡い色使いがとっても女子っぽいと思ったんだ(;´∀`)
「世界の女王マリア」って名前に引っ張られてるかな?笑

ここは無料で入場できます。
ただ近くに停められるパーキングが空いてなくて‘MAX20分まで’の路上Pにしか停められなかったの。
本当はもう少しゆっくり見学したかったなぁ…

女子っぽいといえばモントリオールの市庁舎!
モントリオールDSCF9218

ライトアップがまさかのピンク♪なにこれすっごい可愛い(・∀・)!!
夜になると様々な色に彩られるモントリオール。街歩きもなかなか楽しませてくれます。
DSC_0453.jpg


◆現在はオタワにやってきました。オタワ2泊してトロントへ。
11月1日のフライトでサンフランシスコinします◆

ランキングに参加中です☆ポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

モントリオールで美味しい中華を!

モントリオールの中華街を歩いてきましたー!!!
そんなに規模は大きくないけど、明るくて歩きやすい中華街でした☆

モントリオールDSCF9204

中華街の小さいスーパー?でみかんを買いました。
昨日の夕方頃から、やけに陽氏が「さむいさむい」言ってたんだけど
どうやら発熱してたようで…
みかん食べときゃ治るだろうと(;´・ω・)

モントリオールDSCF9206

小さい方のみかん。1袋で350円くらい。
パクパク食べながら街歩きしました。

お味噌も売ってたー!
赤みそ、白みそ、合わせみそ。
モントリオールDSCF9205

野菜いっぱい入れたお味噌汁飲みたいなぁ。。


そして美味しい中華の店がここ!
「京都飯店」
モントリオールDSCF9207

モントリオール滞在中、2回利用しました(;^ω^)
だって安くて美味しいんだもん。

全メニューテイクアウトができます。
・麻婆豆腐
・酸辣湯
・京都揚麺
・ごはん
モントリオールDSCF9227

思ったよりすごい量でびっくりしちゃいました(;゜0゜)
店員さんはわかりやすい英語を話してくれるので助かります。
美味しかったなぁ~♪

今夜はバスタブのあるホテルにしたので、ゆっくり浸かって疲れを取って、早く風邪を治して貰います☆
毎日お疲れさま☆

1日1回ぽちっとな♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

青を基調にしています~ノートルダム大聖堂~

モントリオールといえばココ。

旧市街にあるノートルダム大聖堂です!!

モントリオールDSC_0339

街の中に溶け込むように建っています。
1829年に建築された ネオ・ゴシック様式の建物です。
※ネオ・ゴシック建築とは ゴシック・リヴァイヴァルとも呼ばれる「ゴシック様式の復興運動」
※日本では江戸時代。葛飾北斎が「富嶽三十六景」を描いた年。

外観は正直そうでもないかな…という感じ(;^ω^)
あまり凹凸もなくシンプルに見えます。

でも内部に入ると圧巻!
モントリオールDSC_0358

ブルーを基調とした荘厳な空間が広がります。
中央にはブルーの光の中、黄金の祭壇が輝いています。
モントリオールDSC_0371

外観シンプルとか言ってごめんなさい!
恐れ入りましたΣ(´∀`;)
繊細な彫刻技術が生む立体感、美しいコバルトブルーに吸い込まれそうです。

モントリオールDSC_0360

モントリオールDSC_0359

モントリオールDSC_0356

モントリオールDSCF9148


このらせん階段もすごかった。とっても細かい木製の彫刻。
なんなんだろう。なんでこんなに美しいフォルムなの。
モントリオールDSCF9165


このノートルダム大聖堂のステンドグラスはモントリオールの宗教的歴史を描いたものらしい。
通常は聖書の場面を描くことが多いから、こんな風に地元の宗教的歴史をステンドグラスにしちゃうのは珍しいみたい。
(ステンドグラス見ただけではどんな歴史的場面なのかはわかりかねるけども…)
モントリオールDSC_0354

モントリオールDSCF9158


そして振り向くとこのパイプオルガン!
なんと7000本ものパイプを使っているらしい(;゚Д゚)

モントリオールDSCF9146

DSC_0363.jpg

どんな音を奏でてくれるんだろうか…聞いてみたい。

この大聖堂の後ろにあったもう一つの祭壇もすごかった。
これも全部彫刻。
モントリオールDSCF9149

天井は寄木細工みたいだった。
モントリオールDSCF9153

木製の作りだったからかなんだか暖かい感じがしました。
らせん階段×2とパイプオルガン
モントリオールDSCF9151


そういえばこのノートルダム大聖堂、セリーヌディオンが結婚式を挙げた場所としても有名みたい。
セリーヌはここ、カナダ・ケベック州の出身らしいです。
こんなところで結婚式挙げちゃうとか…Σ(゚Д゚)

夜のライトアップもすごく綺麗でした。
モントリオールDSC_0471

でも本当はね、「And Then There Was Light」っていう夜のショーを見たかったんだけどね…
なぜかやって無かったんだよね(´;ω;`)ウッ…
時期が悪かったのかな?ガイドブックには冬の時期もやってるって書いてあったのにな(´;ω;`)ウッ…
なんでなのー!!!!
そのショーが見られればパイプオルガンも聞けたかもしれないのに!(。-`ω-)

がっかり。

でもまぁ、ライトアップされた外観を見るだけでも十分価値はあったかな。
モントリオールDSCF9225


いつかリベンジしてやるーーーーーっ!
ォ━━(#゚Д゚#)━━!!
応援してくれる方はぽちっと1票お願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



あ、そうだ!あの「神の子羊」もちゃんといたよー!
モントリオールDSCF9157

燃えるブリュレ

昨晩ブログを書こうと思ったらメンテナンス中だったので
朝起きて書いています。現在カナダは10月27日の朝でございます☆

昨日のランチはかなり豪華でした!
(その分夕飯はインスタントラーメンで済ませましたが笑)

ずっと食べたかったロブスター!!!モントリオールDSCF9103


これが高いランチの原因…メニューをよく見なくて「C$29」だと思ってたら
「1lb.=C$29」だったΣ(゚д゚lll)結局7000円くらいしてしまいました。
次回からは気を付けましょう。
でもすっごく美味しかった!ロブスターってあんなに歯ごたえあるのね?!ブリンブリン!
知らなかった~
モントリオールDSCF9113


そして牡蠣。なぜか前日から陽氏が食べたがっていたので注文。
DSCF9108.jpg

やっぱり小ぶりなんだけど美味しいかった♪
生ものに飢えていたみたいです(;´・ω・)

私はランチセット。C$15.5。これは安かったな。
焼き方はレアで頂きました。
モントリオールDSCF9112

そしてワインも1本開けて昼間からごきげんになった私たちはある物を発見!!

「奥のテーブルの女子が頼んでいたデザート!あれが食べたい!(/・ω・)/」
それがこちらです(=゚ω゚)ノ題して「燃えるブリュレ」
[広告] VPS


ブリュレの上に酔っぱらっちゃう程のブランデーを掛けて着火!
結構な時間燃えてました笑。 是非動画見てみてくださいな。
見た目のインパクトもあるし、焦げ目も付いて美味しかったですー!C$10.

昨日から食べ物のことしか書いてないな…。

ランキングに参加中です☆ポチっと応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

お肉の量が…!

カナダ第二の都市「モントリオール」に入りましたー( ´ ▽ ` )ノ
しかもこのモントリオール、パリに次ぐ世界で2番目に大きいフランス語圏なんだって!
カナダに第二のパリ?

行き交う言葉や看板は全部フランス語だけど、お店に入ると「Hello」って声を掛けてくれたりします。
多分ほとんどの人がバイリンガルなんじゃないかな?
チャイナタウンに入ってもフランス語・英語が飛び交っていました。

モントリオール1日目はあまり時間が無かったのですが
どうしても行きたかったスモークミート屋さんに行ってきました♪

Schwartz's(シュワルツ)
DSCF9057.jpg

行列Σ(゚д゚lll)

このお店、モントリオールでは知らない人はいないくらい有名なお店。
創業は1928年 かなりの老舗なんです。

本当にいつも行列しているらしく、観光客だけでなく地元の人も並んでいました。
DSCF9055.jpg

入口が2つあって 左側がテイクアウト専用、右側がイートインとなっています。
あまりに並んでいたのでテイクアウトすることにしました。

DSCF9054.jpg

店内にも人がいっぱい!
ほとんどの人がスモークミートのサンドイッチを頼んでいましたが
お肉だけ買って行く人もいました。

ここのスモークミートかなりこだわりがあるらしく…
10日間タレに漬け込んで燻製しているんだって。10日間ってすごい。
そしてお肉の量がすごいっっ!!

シュワルツ

これでC$7.75は安いんじゃないかと思う。
もうパンなんて存在感全然無い。
肉ー!って感じ。
スパイス(辛くない)が香ってお肉が柔らかくて美味しかったよー!
私は好きな味でしたヾ(o´∀`o)ノ
ピクルスと一緒に食べるのが地元の食べ方らしいけど、このピクルスが結構酸っぱくて食べきれなかった…。

ひとまずモントリオールで行きたかったお店に行けたので満足です☆
今日は曇りだったんだけど明日は晴れ間も見えそうだから街歩き楽しみたいと思います( ´ ▽ ` )

ランキングに参加中です☆ポチっと応援宜しくお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


こーんな端っこまで来ちゃった!

ケベックからさらに東へ移動した私たち。
やって来たのはガスペ半島(ガスペジー)という場所です。

カナダ全体の地図はこんな感じ。
9.21にバンクーバーから始まった旅も1ヶ月ちょっとでこんな端っこまで来てしまいました。
カナダ地図

その距離ざっと5000km!
途中イエローナイフにも飛んでるから移動距離としてはもっとだね(^_^;)
ちなみに日本列島は札幌から那覇まで2250kmくらいだから…
軽く往復はしてる計算になりますね(°д°)
や~すごい。頑張ったね~。途中のイエローナイフからトロントまではどーんと飛行機ですが。。
来月からのアメリカ横断は全工程レンタカーで走る予定!頑張らなくちゃ!

さてさて、なぜケベックからさらに東の「ガスペ半島」(ガスペジー)まで来たかというと
「ペルセ岩」を見るためだったんです!
↓この岩
ペルセDSCF9043

あいにくの曇り空でどんよりしてしまっていますね…

長さ483m、高さ88mの巨大な岩です。
このペルセ岩は3億7500万年前に形成されたものなんだって!
岩の表面には化石が埋もれているらしい。
ペルセDSCF9031


夏の干潮の時間はこのペルセ岩まで歩いて渡る事ができるそうです。
また夏場はホエールウォッチングが出来たりクルーズ船が出ていたりと賑やかになるみたいだけど…
10月中旬を過ぎるともう寒くて(´;ω;`)全然人いなかったよ。。

ペルセDSCF9033

「さむい~っ!!!!><」
ペルセDSCF9037


はっ!∑(゜∀゜)

いま気付いたけど

大西洋を見るの初めてだったかもしれない!!!

初大西洋!!!

端っこまで来てよかった…ヽ(;▽;)ノ


ランキングに参加中です☆ポチっと応援宜しくお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ケベック郊外~大聖堂と滝!~

ケベック旧市街から車で30分くらい。
大きな大聖堂があります。

「サンタンヌ・ド・ボープレ大聖堂(Basilique Sainte-Anne-de-Beaupre) 」
ケベックDSC_0012

北米カトリック三大巡礼地のひとつだそうで、大きさも最大級!

ケベックDSC_0013

大聖堂のすぐ脇には案内所があり、日本語の案内も置いてありました。
ケベックDSC_0016


1階礼拝堂の様子です。
入り口から中に入ると…
ケベックDSC_0046

ケベックDSC_0044

高さは低いですが、アーチ型の天井と照明が雰囲気を出しています。

ケベックDSC_0023

ケベックDSC_0025

大きくて迫力のある大聖堂はもちろん荘厳だけど
こんな風に落ち着いた美しい空間も心を穏やかにしてくれるような気がします。

天井のモザイクもきれいでした。
ケベックDSC_0028

そしてもう一つ凄く好きな空間だったのがこちらのチャペル。
ケベックDSC_0035

小さい空間だけど外の光が差し込んでとっても雰囲気が良かった…
この十字架を持った子羊は「神の子羊」と言われ、イエス・キリストを表しているんだって。
ケベックDSC_0038

“人々の罪に対する償いとしてイエスが生贄の役割を果たす”っていう考えがあって
それで生贄=羊となったらしい。子羊である事にも色々意味があるみたい。
必ず右前足で十字架を支えているらしい。今後も大聖堂に行ったら注意して見てみよう!

1階はこんな感じで少し暗い、落ち着いた雰囲気だったんだけど
2階はすごかった…!!!
DSC_0049.jpg

ケベックDSC_0052

どどーん!と突き抜けるような高さの天井に美しいモザイク。
そして200枚を超えるステンドグラス!圧倒される美しさです。
思わず「うわぁ…っ」と声が出ちゃう。

ケベックDSC_0053

カラフルなステンドグラスにポップなフォントが可愛かった♪

ここサンタンヌ ド ボープレ大聖堂「足の病が治る奇跡がある」とされていて
大聖堂の壁には実際の松葉杖などが奉納されていました。

ケベックDSC_0054

本当にすごく良かったんだよ~!写真下手であまり伝えられないのが悔しい!

こちらは…聖杯?
Holy Water って書いてありました。
ケベックDSC_0055

この大聖堂、意外なことに「地球の歩き方」には載ってないんだよね。
こんなにおすすめなのに!
本当に行って良かった大聖堂でした♪

続きましてもう一つ。滝です。
「モンモランシー滝」
ケベック旧市街からは車で20分くらいです。

ケベックDSC_0075

ナイアガラ見ちゃった後だからね~まぁ迫力は負けますよね(;´Д`)
でもこのモンモランシー滝、落差は83mとナイアガラを上回ってるらしい!
真冬になるとこの滝全体が凍ってアイスクライミングできるらしいよ?!Σ(゚д゚lll)
すごい!

吊り橋を渡ってみます♪
ケベックDSC_0081

わぉ~ヽ(≧∀≦)ノ結構いい眺め!
ケベックDSC_0087

真下を通る滝もなかなか!
ケベックDSC_0082


吊り橋はとってもしっかりしていて揺れないし全然怖くなかったです。
そして吊り橋を渡り切るとこんな綺麗な紅葉が迎えてくれました。
「いえーい!」
ケベックDSC_0090

ここで外人さんのお姉さん3人にカメラのシャッター押してって頼まれたんだけど
アメリカやカナダだと何て言ってシャッタ-切ったらいいの?
「3、2、1!」でいいのかな?(^_^;)

森の中ではしゃぐヽ(*´∀`)ノ
ケベックDSC_0094

お天気良くて最高だった!!

ケベックについて 旧市街アッパー・タウン、旧市街ロウワー・タウン、郊外と3回にわけて書いてみました。
魅力を伝えきれてないかもしれませんが本当に素晴らしい街だったんですっ!
これからもう少し東へ進んでから、モントリオール、オタワを巡ってトロントに帰ります。

カナダも残すところあと1週間☆ポチっと応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

読んで頂きありがとうございました。

プロフィール

陽 & ゆう

Author:陽 & ゆう
2014.12 入籍
2015.09 世界へ出発
30代夫婦の新婚旅行世界一周ブログ
バックパッカーではなくそれなりに程よくお金を使い、美味しいものを食べたい!絶景が見たい!旅の予定は1年。365日夫婦だけで腹を割って向き合いながら旅します。

Instagram

最新記事