FC2ブログ
30代夫婦の新婚旅行世界一周ブログです。バックパッカーではなくそれなりに程よくお金を使い、美味しいものを食べたい!絶景が見たい!仕事を辞めて世界に飛びだしました。旅行の予定は1年間。夫婦二人腹を割って向き合って旅します。

世界遺産ケベックシティ~アッパー・タウン~

今回から3回にわけて報告する予定なのは「ケベックシティ」!
北米大陸唯一の城塞都市であり、「ケベック旧市街の歴史地区」として世界遺産に登録されています。
カナダ後半の旅で一番楽しみにしていた場所ですヾ(o´∀`o)ノ

前回も少し書いた通りケベック州はフランス語を公用語とするフランス文化を色濃く残す地域ですが
ここケベックは英仏戦争でイギリスに敗れています。
イギリスはケベックを手に入れ、支配しようとしましたがフランス系住民が9割を占めるこの街では
言葉や文化まで支配することはできませんでした。
そのため現在でもフランス語を話し、伝統的な街並みを残しているそうです。

ケベック旧市街は大きく2つにわけることができます。

城壁に囲まれた  アッパー・タウン

城壁の下の    ロウワー・タウン

アッパー・タウンの中心となっているのは「フェアモント・ル・シャトー・フロントナック」というホテルです。

実はこのホテル…タワー・オブ・テラーのモデルになったホテルなんだって!(((o(*゚▽゚*)o)))
あのエレベーターがドゥーン!って落ちるやつだね!

ケベックアッパータウンDSC_0317

形も雰囲気もタワーオブテラーだよね?!
ケベックアッパータウンDSC_0321
↑対岸に渡って撮りました

このホテル、写真でもわかるようにすごく大きくて街のシンボルとなっています。
ホテルの目の前には広場があって、観光案内所もすぐそばにあるので街歩きの拠点となります。

ケベックアッパータウンDSCF9018

ケベックアッパータウンDSCF9024

トイレを探すフリをしてホテル内部におじゃましてみました。

ケベックアッパータウンDSC_0157
こ、こ、高級感!すごい高級感!((((;゚Д゚)))))))
なにせ1泊5万~ですからね…庶民には泊まれません。
ホテル1階部分にスタバが入っていたので雰囲気だけ味わうのならこのスタバで一休み。っていうのはアリかもしれません☆

ホテルの裏手からセントローレンス川沿いには板張りの遊歩道があってここからの眺めも最高でした!
ケベックアッパータウンDSC_0272

とにかくケベック旧市街は可愛くて歩いていて飽きない街♪
要塞の街なので坂道ばっかり。ほとんど坂道しかないから1日歩き回るとヘトヘトに…
絶対ヒールなんて履いて行かない方がいいと思う。

観光用だけど馬車も走っています。
ケベックアッパータウンDSC_0264

この時期、街はハロウィン仕様になっていました♪
CIty Halもこのとおり~♪(o・ω・)ノ))
ケベックアッパータウンDSCF9015

かわいいー!でっかいカボチャも!
ケベックアッパータウンDSCF9005

市庁舎もこの気合の入れようってすごい。
クリスマスの時期もきっと可愛いからいつかまた来てみたいな。

旧市街の街は石畳の道と石造りの建物に囲まれていて今まで見てきたカナダの街とは全然雰囲気が違います。
目にする文字や聞こえる言葉もフランス語だし、急に異国に来てしまったみたい。
いや、もともと異国なんだけどね…(^_^;)
ケベックアッパータウンDSC_0205

「トレゾール通り」細い路地裏で地元のアーティストが作品を売っていました。
元々は1960年代に美術学生たちが始めたらしいです。こんな小道にも歴史あり。
ケベックアッパータウンDSCF9016
どれも旅の思い出に買って帰りたくなってしまうような素敵な作品ばかりでした。


こちらはケベックの「ノールダム大聖堂」
この時期は夕方16時まで内部に入って見学することができます。
金額は寄付金C$2。

ケベックアッパータウンDSC_0250

黄金の祭壇が見事です。
ステンドクラスもとっても美しかった…
ケベックアッパータウンDSC_0254

この旅に出て初めて気づいたんだけど、私は大聖堂が好きみたいです。
ぼーっと眺めてみたり、お祈りの真似事をしてみたり…結構長い時間滞在してしまいます。
今後行く予定のパリのノートルダム大聖堂もすごく楽しみです。

この日の食事はケベック料理を頂こうと「オーザンシアン・カナディアン」というレストランに入りました。

ケベックアッパータウンDSC_0175
赤い屋根が目印のこのお店は1675年に建てられた古民家を利用しているそうです。
え?340年前?!日本江戸時代ですよね?!(゚д゚)

ケベックアッパータウンDSC_0160

ここでは伝統的なケベック料理を食べることができます。
ケベック料理というと…ミートパイとかミートボールとかコンフィらしい。
ケベックアッパータウンDSC_0172

私はミートボールを。夫はダックコンフィを頼みました。
が、プティンの上にコンフィが乗ってました!!www
この日はお昼もプティンだったので2食目です(^_^;)
美味しかったけどー。美味しかったけどカナダ人はそんなにプティンが好きなのね。
(プティンについては前回の記事のラストを参照下さいませ)

このお店、18時までランチメニューだったのでお得に食べることができます。
・飲み物(ビールorワイン)1杯
・前菜
・メイン
・デザート
がセットになって20C$~。早めに入店して良かったです(*´v`)
18時近くになると続々とお客さんが入ってきていました。

食事を終えて外に出るともう暗くなっていました。
ケベックアッパータウンDSC_0178
素敵なカップルさん…

ケベック旧市街は夜遅くなっても安全に歩けます。
夜の街をお散歩するのもまた昼間とは違った表情を見ることができてオススメです。
ケベックアッパータウンDSC_0204
ホテルも綺麗にライトアップされていました。
ケベックアッパータウンDSC_0191

ケベックアッパータウンDSC_0189

しかしこの時期は寒い!吐く息も真っ白でした。
↓城門です。この城壁の内側がケベック旧市街のアッパータウン。
ケベックアッパータウンDSC_0207

キラキラと輝く現代アートも素敵でした。
ケベックアッパータウンDSC_0209

こうして街をふらふら、急な坂道を登ってホテルまで帰ったのでした。
ケベックアッパータウンDSC_0223

ケベックで泊まったのは「ホテル シャンプラン」
どうしても郊外ではなく旧市街に泊まりたかったので贅沢をしてしまいました。
ちょうどホテルズドットコムで10泊貯まったので…ね(^_^;)
徒歩で街を散策するにはとても便利な立地だし、お部屋はオシャレだし、ベッドは程よい硬さだったし…
大満足でした。
ケベックアッパータウンDSC_0104


読んで頂きありがとうございました☆押して頂くとポイントが入ります。
元気の源になりますのでポチっと応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





※そういえば旅を始めてから1ヶ月が経過していました。
とりあえず1ヶ月。風邪も引かず元気に過ごす事ができました。
旅に出る前は「カナダ1ヶ月ちょいもいらないかなー?」とか思っていたのですが
全然足りません!まだまだカナダ楽しみたいけど10月末でアメリカ・サンフランシスコに移動する予定です☆
この調子だと旅の終りもあっという間にきてしまうんだろうなぁ…
毎日を大切にしていかないといけませんね。




スポンサーサイト



プロフィール

陽 & ゆう

Author:陽 & ゆう
2014.12 入籍
2015.09 世界へ出発
30代夫婦の新婚旅行世界一周ブログ
バックパッカーではなくそれなりに程よくお金を使い、美味しいものを食べたい!絶景が見たい!旅の予定は1年。365日夫婦だけで腹を割って向き合いながら旅します。

Instagram

最新記事