FC2ブログ
30代夫婦の新婚旅行世界一周ブログです。バックパッカーではなくそれなりに程よくお金を使い、美味しいものを食べたい!絶景が見たい!仕事を辞めて世界に飛びだしました。旅行の予定は1年間。夫婦二人腹を割って向き合って旅します。

世界遺産ケベック~ロウワー・タウン~

( ノ゚Д゚)こんにちは!今日もケベック旧市街について書いて行きたいと思います。
お付き合い宜しくお願いします。

ケベックシティ発祥の地となるのがロウワー・タウンの「ロワイヤル広場」です。
この広場の中心にはフランス国王ルイ14世の胸像があり、「勝利のノートルダム教会」と共に街の中心となっています。
ケベックロウワータウンDSC_0114
↑ルイ14世もこの時期はかぼちゃまみれになっていました!笑

「勝利のノートルダム」という名の教会ですが、イギリス軍に負けてばかりだったフランス軍が辛うじて逃げ切った戦いを記念して付けられた名前らしいです。
ケベックロウワータウンDSC_0117


アッパー・タウンからは「首折り階段」と呼ばれる階段を使って降りる事ができます。
“落ちたら首が折れそう”という事からこの名前が付いたらしいけど…
ネーミング、どうにかならなかったのかね?(^_^;)

ケベックロウワータウンDSC_0110

階段が大変な人は「フニキュレール」というケーブルカーで
アッパータウンとロウワータウンを行き来する事もできます。(片道C$2.25)
ケベックロウワータウンDSC_0146


アッパータウンとはまた少し違う落ち着いた雰囲気で、オシャレなお店がたくさん並んでいました。
ケベックロウワータウンDSC_0113

ケベックロウワータウンDSC_0133


この「プチ・シャンプラン通り」と呼ばれる通りは北米最古の繁華街なんだって。
(シャンプランっていうのはフランス人の探検家の名前で、
1608年に木造の砦を築いたことからケベックの歴史が始まったと言われています)

ケベックシティの人はオシャレだなー、と思う。
ちょっとした広場にも本気のハロウィンデコレーションがしてありました♪
遊ぶ子供たちに紛れて顔を出してみる日本人。。
ケベックロウワータウンDSC_0136

可愛い看板も見つけました☆
ケベックロウワータウンDSC_0143

うさぎが飛び出してくるの?って思ったけど、どうやらこのお店、ウサギ肉を提供しているお店だったみたい。
店から出てきたお客さんが「めっちゃうまいよ!ウサギ!」って言っていました。
ケベックロウワータウンDSC_0144

そしてそしてこのロウワー・タウンで一番見たかったのは建物の壁に書かれた大きな壁画!
こちらです(・Д・)ノケベックロウワータウンDSC_0125

大きいでしょう?!この壁画はケベックの歴史が四季と共に描かれてるんだって。
一番上から雪景色の冬、紅葉の秋、半袖の人が夏、お花が春を表しているらしい。
ロウワー・タウンの観光名所の一つになっていてたくさんの人が写真を撮っていました。


そしてもう一つの興味深い壁画がこちら!

ケベックロウワータウンDSC_0139

こちらはかつてここに実際に住んでいた人たちの生活を描いた壁画なんだって。
ケベックロウワータウンDSC_0140
女性が強かったのかな!?笑

そしてそしてもう一つ。
ここは町中心部からは少し離れてしまうんだけど、どうしても見に行きたくて歩いて30分くらい掛けて行った場所。
高速の橋脚に描かれたアートです。
ケベックアッパータウンDSC_0299

すごいクオリティの高さ。
周りには落書きもたくさんあるんだけど、このアートの上には落書きされて無かった。
やっぱり躊躇するんだろうか(^_^;)
ケベックアッパータウンDSC_0279

ケベックアッパータウンDSC_0296

結構細かく、細部まで描かれていました。
ケベックアッパータウンDSC_0297

アッパータウンでは地元のアーティストさんが作品を売っていたし
ケベックはアートの街、なのかな?
昔の姿を守りながらもアートで彩られている街並みがとても素敵だと思いました。

今回私たちは車でケベック旧市街に入ったけど、
もし鉄道で来るならこのロウワー・タウン北の「パレ駅」を利用します。
ケベックアッパータウンDSC_0304

駅の内部もおしゃれ。
ケベックアッパータウンDSC_0308

ケベックアッパータウンDSC_0314

カナダには東西を結ぶVIA鉄道というのがあります。
雄大な自然の中を列車で走る…なんていうのも憧れますよね(ノω`*)
私たちは駅でトイレを借りただけでしたが(笑

駅から旧市街中心に向かって歩いていると「旧港」があります。
市場もあって色々なものを売っていました☆
ここではダックコンフィをお買い上げ♪
IMG_3967.jpg

このおじさん日本語で「ありがとう!」と言ってくれてびっくりしました(°д°)
商品についてもフランス語と英語と日本を使って一生懸命説明してくれました。
ケベックのお店で働くのは大変そうだよねぇ…

ロウワー・タウンから見上げる例のホテル。
ケベックロウワータウンDSC_0119
うん。ここからの方がタワーオブテラーっぽく見える気がする。

アッパー・タウン&ロウワー・タウンは歩いて十分観光できる街です。
旧市街に2泊して観光しましたがちょうど良かったかな、と思います。
また、どのレストランもハズレがなく美味しい食事にありつけました☆
ケベック料理、フランス料理だけでなくイタリアンやお寿司、クレープ屋さんなどたくさんお店があってふらふらっと入ったお店でも十分美味しい料理を頂けます。

ケベックロウワータウンDSC_0120

歳を取ってまた来ることが出来れば、今度は違う季節にも訪れてみたいと思わせる素敵な街でしたヽ(´∀`)ノ
カナダに行く機会があれば是非!おすすめおすすめです♪


ランキングに参加中です☆ポチっと応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

読んで頂いてありがとうございました!
スポンサーサイト



プロフィール

陽 & ゆう

Author:陽 & ゆう
2014.12 入籍
2015.09 世界へ出発
30代夫婦の新婚旅行世界一周ブログ
バックパッカーではなくそれなりに程よくお金を使い、美味しいものを食べたい!絶景が見たい!旅の予定は1年。365日夫婦だけで腹を割って向き合いながら旅します。

Instagram

最新記事